無痛治療の方法と良い歯科医の見つけ方

>

健康な歯で生活をおくれる為に良い歯科医院を選ぼう!

歯医者さんも悩んでいた? 無痛治療の理由

患者には当然うれしい歯の無痛治療ですが、実は医師も望んでいたことなのです。
なぜなら、痛みは患者に大きなストレスになるために、様々な弊害が生じていました。

まずは歯科治療が嫌で治療を受けなくなることが、大きな問題でした。
虫歯は風邪などとは違い、自然治癒しないので治療しなければなりませんが、痛みを嫌がって歯科医院を訪れないと歯の状態が悪化してしまいます。
また、治療の際の弊害は、痛みのあまりストレス性のおう吐を繰り返して治療が出来なかったり、場合によってはパニック状態になり患者が危険な状態になることもあったそうです。

そのため、現在の歯科治療では歯の健康な部分は削らない、また患者の痛みは最小限にとどめることが主流になりつつあります。

無痛治療の新しい麻酔と新しい治療法

皆さんの認識のなかで「歯科医の麻酔は歯茎に注射されて痛い」という認識の方もいると思いますが、進歩した新しい麻酔ではそんな事はありません。
歯茎にジェル状の麻酔を塗布する、表面麻酔法も進歩して注射針の痛みを軽減してくれます。
また点滴無痛麻酔では点滴で腕の静脈に麻酔を投与し、意識はあるものの治療の痛みや振動を感じさせなくすることが出来ます。

また、近年では麻酔以外の治療も発達してきています。
カリソルブ治療では、患部に虫歯だけを溶かしてしまう薬剤を塗布して、歯を傷つけることなく治療が可能であったり、エアーアブレーションでは微粒子を患部に吹き付け小さな虫歯を削ることにより、従来よりも痛みのない治療が可能になりました。